バラ苗

オールドローズ 約300品種 つるバラ約170品種 フロリバンダ ハイブリッドティ約300品種

    
バラの病害虫防除

薬剤散布

薬剤散布はできればやりたくないものです。まず病虫害を受けにくい環境を心がけましょう。そしてできるだけ毎日バラの
様子を見てあげましょう。早く気付けば葉を一枚取るだけで済むかもしれません。すぐに消毒すれば治るのも早いでしょう
。一旦広がってしまってからでは完治するまでに何度も消毒することになります。また自宅の庭ではどんな病気・虫がい
つごろ発生するのか知っておき予防として薬剤を使うと効果的です。

薬剤を使用するときは注意が必要です

  • 薬なら何でも効くわけではありません。殺菌剤と殺虫剤は違います。目的にあった薬剤を選んでください。
  • 説明書をよく読み、希釈濃度や散布回数を守ってください。薄すぎては効き目がありませんし、濃すぎてはかえって
  • バラを傷めることになります。
  • 浸透移行性のある薬以外はかけ残しのないように葉の裏までしっかり消毒します。
  • できるだけ風のない早朝か夕方に行いましょう。
  • 作業を行うときは長袖・長ズボン・手袋・メガネを着用し皮膚に触れないようにしましょう。終わったらすぐに洗いましょう。

散布液の作り方

殺菌剤のベースとしてしてはお値打ちなのがジマンダイセン。これに浸透移行性のあるサルバトーレME、または
ラリー
を加えます。殺虫剤も一緒に混用できるものは入れます。

機能性展着剤アプローチBIを入れることにより農薬の効き目はかなり
違います。薬剤の浸透移行性を高め、効果にムラがなくなります。植物への汚れを軽減します。

ジマンダイセン(殺菌剤:保護殺菌効果):3mg
サルバトーレME(殺菌剤:予防治療効果)1ml
アファーム(殺虫剤)1ml

水 3L
(機能性展着剤アプローチ3ml入れる)



バラを楽しむ                               

バラを育てるにあたり 皆様は 悪戦苦闘なされているようです。私への(ローズナーセリーWHITE BEAR)バラ相談にもバラを育てて楽しいはずなのに ストレスを感じられている方が多くおられます。

綺麗な 花を咲かせたい。本来 花を育てることは 心を癒してくれるはずなのに 気持ちが 沈んで見えます。

また バラを育てたことのない人も バラは虫だらけだとか 病気で難しいとか 既成概念が多くあるようです。

 

バラへの考え方を 少し変えてください。気持ちが 楽になり 楽しくお花作りができるようになります。

 

季節を感じ 風景の一部だと思う考え方

バラの病気 害虫は それが 自然だと思う考え方

 

バラは 強い植物で 咲いた後 病気で葉っぱを落としても 繰り返し咲きのバラは また新しい芽をだし咲いてくれます。春にしか咲かないバラも の年には 綺麗な花を咲かせてくれます。

バラには ウドンコ病 黒星病はつきもので 病気もバラの一部という考え方です。バラ以外の季節は 他の草花が季節を知らせてくれます。 四季咲きバラを植え いつも綺麗に咲かせようと思い 防除に精を出すも 葉っぱに黒いしみができ 黄色くなって はらはらと落葉すれば 気持ちも沈みます。そうではなく 病気もまたバラの一部なんだと思えば 沈んだ心も 解放されます。桜も 春一回咲くからこそ楽しみに待つことができると思うのです。

そのためには 四季折々の草木を育て 季節を感じてください。